高級店こそフリーで遊びたい『アマテラス』福原ソープ紹介

amateras

ソープランドに行った時に成功、失敗を決めるカギは「キャストの当たり外れ」です。どれだけ設備やお店のサービスが良くても、低価格であったとしても、ついた女の子のサービスが悪ければすべてが水の泡となります。ここに風俗遊びのおもしろさを感じる人もいますが、みんながみんな”ソープマニア”ではありません。やはり失敗すればイタイものであり、それが連発するとソープ自体に嫌気が差すこともあります。

高いお金を支払うのですから、ほとんどのお客は安心して満足が得られるサービスを求めています。地雷に対する防御策として、それほどタイプでなくてもまともなサービスをしてくれるキャストなら「保険」として指名をしたりもします。しかし長く指名し続けるとサービスは良くなりますが新鮮味は薄れていきます。自分の嫁や彼女にフレッシュさを感じなくなり、風俗で息抜きをするために高額なお金を支払うのですから、これでは遊びの意味が失くなってしまいます。

サービス地雷、ビジュアル地雷が存在する原因は、キャストそのものよりも店側の指導やキャスティングそのものにあるようです。平成生まれの女の子は風俗に対して嫌悪感が少ない、といってもやはり風俗の門を叩く子は貴重な存在であり、格安店、大衆店、さらに言うならデリヘルやピンサロなどは「来るものは拒まず」の姿勢なのです。そして入店したら続けて働いてもらうために厳しい指導などはあまりせず「野放し状態」ですので、やる気のないキャストが何人かできあがってしまいます。それにあたってしまうと目も当てられない状態となるのです。

しかし長年の歴史とクオリティーを維持し続けてきた高級ソープランドは少し事情が違います。スカウトマンを使わずとも「稼げる」という噂が女の子の間でも知られており、毎日数人の面接問い合わせがあるそうです。ここで簡単に入店を許さず、高いハードルを設けて厳しい選択眼でふるいにかけるのが高級店のやり方です。試験をパスして入店できたとしても規則に反した行為をしたり、ノルマを達成できない、アンケートで不評が続くなどすると躊躇なく切り捨てるようですので、キャストも必至です。高級店に関しては「買い手市場」が成り立っており、これはお客からすると最も安心して料金を支払える店舗の体質なのです。

福原『アマテラス』は典型的な高級ソープであり、比較的新しい店ですが「F1クラブ」という人気高級店のグループなのでしっかりとした経営方針で営業されています。もちろんキャストは厳選されていますので写真にボカシがかかってはっきりしなくても、間違いなくそれなりの美女が登場します。

アマテラスのような優良店ならフリーや店内写真で、毎回違う子を選んで遊ぶことをおすすめします。いつも新鮮な状態で望めますし、男の願望である「いろんな女を抱きたい」という本能も満たされるのです。アマテラスはホームページでキャストにグレードを付け(ダイアモンド・プラチナム・ゴールド・ニューフェイス)と分類されていますので、それを参考にチョイスするとよいでしょう。

去年初登楼し、今回で3回目。時間があったので超ロングコースの190分で予約を入れました。(平日のみ可)ネット写真で26歳Kさんを選び、受付にて総額支払います。店内はラグジュアリー感溢れ、店内スペース的には福原でもトップクラス。男性スタッフは高度な礼儀作法を心得ていて安定感のある接客です。

入店時間が4種類に決められているために待合で他のお客とバッティングする可能性も少なく、地位のある人でも安心して通うことができます。スタッフと共にエレベーターで個室に向かい、そこで対面。かなりの美女ですが、夜の雰囲気がない清楚なKさんです。Gカップはあろうかと思われるバストの持ち主で、透き通る肌が眩しく感じました。

タバコをサービスしてもらい、軽いトークをしながらしだいに雰因気を高めてくれます。そのままソファーで即フェラ、即挿入(ゴム無し)、洗体前にもう一度ベッドで2回戦、休憩がてらジャグジーにて混浴します。風呂がゴージャスなのはかなり高得点です。照明付きバスはストレスの多い日常生活から切り離される最高の演出です。

3時間以上の時間を共にするのには最適なキャストでした。マッサージもうまく、だれない程度に何度も性的な挑発を受け、メリハリのある時間を過ごし、結局4回も到達することに成功し、特別な時間を満喫することとなりました。

これまであたったキャストそれぞれに特徴があり、魅力もありました。190分で110,000円(初回は会員入会費5,000円加算)。プチハーレムを味わうことができる遊び場です。

アマテラス

新着ニュース