意外にも安くて質が良い沖縄のソープ事情

 日本全国で、毎日多くの男性客にサービスを続けているソープランド。
その歴史は非常に長く、ソープランドばかりが集まったソープ街なる場所まで、日本中に存在しています。
そんなソープ街の中で、日本最南端といわれるのが沖縄の那覇市にある辻という地域のソープ街です。
沖縄という小さい島の中に、四十店以上のソープランドが経営をしています。

沖縄のソープランドの特徴といえば、低価格ということです。
沖縄には四十以上の店があると先述しましたが、その中で金額でランク付けをされるソープランドの格付けにおいて、中級店や高級店といったような店は殆どありません。
ほぼすべての店が格安店となっていて、非常に手頃な価格で遊ぶことが出来ます。
一番高い店というのが、『ANNEX』という店で六十分ニ万一千円(総額)というレベルになっていて、一番安いのが『Dearest』という店のニ十分五千ニ百五十円というものがあります。
それ以外のお店も、概ね五十~六十分一万六千円前後となっていて、本州のソープに比べるとだいぶ安い印象です。

上記の通り低価格ソープが魅力の沖縄ソープですが、じゃあ他の地方に比べてサービスや女性の質などで劣るのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、沖縄ソープではその辺りの問題も気にしなくて良いと思われます。

例を挙げると、『CSグループ』という系列が経営しているソープランドの場合、金津園で有名なピンクチェアーやゴールドチェアーを使ったサービスを受けることが出来ます。
かつては『Witch Queen』や『将軍』など複数の店舗を経営していましたが、現在では『桜』という店のみとなっていて、椅子系のサービスも『桜』で受けることが可能となっています。
また、これ以外の店における基本的なサービスも同様で、沖縄のソープに行って満足出来なかったという声はあまり見かけることはありません。

女性の質に関しても同様で、こちらは本州のソープに比べて地域柄の特色がよく現れています。
沖縄という土地の女性は、顔立ちなども本州の人とは違い彫りの深い顔立ちの女性が多かったり、昔から米軍駐屯地ということもありハーフの子も多いので、ソープ嬢にもそういった女性が数多く在籍しています。
ハーフやクォーターといった女性も珍しいものではないので、本州のソープではなかなか見かけないタイプの女性とも遊ぶことが出来るのです。

沖縄ソープ

安くて質が高いという沖縄ソープ、ソープ好きならばチェックしておきたい土地です。

新着ニュース