ソープ街を隔離することで安心して遊べる雄琴ソープの立地

日本でも有名な温泉街である滋賀県大津市にあるおごと温泉。

そのすぐ傍には、同じく有名なソープ街である雄琴ソープ街があります。

質の良い温泉と質の良いソープが楽しめる場所として、表と裏の両方から高い評価を受けている地域となっています。

この雄琴ソープ街と温泉街の関係ですが、1980年頃のソープ街が完成された当初は、温泉街とソープ街でお互いに好影響をもたらし合っていたものですが、ソープ街が有名になっていくにつれて温泉街の評判が下がり、90年頃には温泉街ではなく歓楽街として雑誌に紹介されるようになりました。

その当時には、「琵琶湖で泳いでいた女性が妊娠した」とか「雄琴付近の琵琶湖では、怪物魚クラスの巨大魚が獲れる」などオカルトめいた都市伝説まで発生していて、良くも悪くも広く知られる地域であったことは間違い有りません。

現在では温泉街も健全な温泉街としてイメージチェンジを行い、ソープとは一線を画した関係になっています。

そんな雄琴のソープ街ですが、温泉街のすぐ傍のソープ街ということで、立地はなかなか良い場所です。

雄琴の港を挟んだ南側がソープ街となっていて、そこに42軒ほどのソープランドが立ち並んでいます。

どのソープランドも店舗が大きいのが特徴で、福原や金津園などに比べてその数は少ないのですが、その分1つのソープが広く使っているといった感じでしょうか。

しかもその大きさというのが、他のソープ街のソープランドの倍ぐらいあるぐらいですから、建物に関する評判が良いのも頷けます。

ソープ街への入り口は、シルクロードとゴールデンゲートという2つの派手な電飾のある大きな看板が掛かっていて、とてもわかりやすくなっています。

他のソープ街ですとソープ街とその境目というのは曖昧になっていて、ソープランドを使わない方もソープ街を通り抜けていくことが出来ますが、雄琴ソープではそれが出来ません。

シルクロードとゴールデンゲートは、一本の道の入り口と出口になっていて、他へ抜ける道などはなく、またソープ街へ入るためにはそのどちらかを通る必要があります。

ソープ街とそうでない場所がはっきりしているので、温泉街のお客さんが迷い込む心配もありませんので、周囲の視線を気にする必要がありません。

雄琴のソープランドは、女性やサービス、そして建物に至るまで総合的な評価が高い店ばかりです。

周囲とは隔離した世界を作り上げることで、ソープ街を訪れるお客さんが安心して楽しめる街の雰囲気があるということも、評価に繋がる要因の一つなのでしょう。

新着ニュース